意外と知らない?ニードル脱毛

永久脱毛の効果が高い方法

現在の脱毛では、レーザー脱毛や光脱毛が主流です。さらに、最近では毛根ではなく毛包をターゲットにした施術も注目されています。いずれの場合も、広い範囲を短時間で処理するということは共通しています。脱毛にはまだほかにも種類があります。レーザーや光による施術が登場する前は、ニードル脱毛と呼ばれる施術が中心でした。ニードル脱毛は、一本ずつ丁寧に処理する方法で、永久脱毛の効果にも優れています。毛穴に特殊な電気針を差し込み、針と電気の力で毛根や毛乳頭を破壊していきます。優れた効果を発揮してくれますが、施術に時間がかかることや、料金が高いこと、痛みが強いという欠点があることから現在では全身脱毛の施術にはほとんど使われなくなりました。

現在でも部分的に利用されている

光脱毛やレーザー脱毛が普及したこともあり、ニードル脱毛を提供するサロンは減少しています。とはいえ、こうした施術もまだ提供しているサロンやクリニックは多く存在します。光やレーザーは黒い部分に反応しますが、ニードル脱毛はメラニンに関係なく施術ができるので、日焼けをした肌やほくろが密集している部位、タトゥーがある部位などに採用されています。このほかでは眉の周辺などの細かな部分、ひげを自然に薄くしたい場合などにも使われています。レーザーや光では処理しきれなかった毛の処理にも活用できますし、硬毛化してしまったときの処理にも役立っています。毛の色に関係なく優れた効果を得ることができますので、白くなった毛や色素の薄い産毛の処理にも向いています。